• Yuko 岡山裕子

ベリーダンスを踊るために必要なテクニック


これまでレッスンをする機会をいただいた方は、ほとんどベリーダンスを初めてやるという方です。

「ダンスは人生で一度もやったことがない」「リズム感がない」「からだが硬い」「筋肉ゼロ」などなど、皆さん謙遜を含めておっしゃいますが、そういったことはベリーダンスを始めるのになんの問題もありません。

「ジョギング」や「ヨガ」「ピラティス」などと同様、久しぶりに体を動かす方や美容、運動効果を得たい方におすすめです。


唯一、必要となるのは「姿勢」です。

骨盤をまっすぐ(床と垂直に)立てて、その上に胸部、頭がのる姿勢です。

骨盤を立てるには下腹を引っ込め(私は「タックイン」という言葉を使っています)、尾てい骨が下を向くようにします。ついてないですが、尻尾をしまうイメージです。

タイトルにテクニックという大げさな言葉を使いましたが、この姿勢を自然にキープするのは、その筋肉が鍛えられるまでは意外に難しいのです。あえて姿勢を保つテクニックと言ってしまいます。


この基本の姿勢をマスターすれば、腰を痛めることもなく、いろいろな動きが簡単にできるようになります。難しいイメージの骨盤シミーもあっという間に習得できます。そして、もちろん普段の姿勢も良くなり、いわゆる女性特有の悩みが消えたという声もいただきます。


逆にこの姿勢を意識しないまま踊ると、大事な腰を痛めてしまったり、思うように動けなかったり、せっかくの骨盤底筋を鍛える効果が薄れてしまいます。


ですので、レッスンでは本当にしつこく姿勢のことを言っていますが、、、みなさん、どうか聞いてやってください^^



#基本 #ベリーダンス

0件のコメント

最新記事

すべて表示