• Yuko 岡山裕子

ベリーダンスの良さ~ボディメイク編~

最終更新: 2019年11月7日

はじめまして。

30歳、ブラジル駐在中にベリーダンスにはまって、ほぼ10年ひたすら学び続けている

岡山裕子です。

皆さんに私がこんなにもはまったベリーダンスの魅力をどうにかお伝えしたいと思い、

こちらに書いていくことにしました。

レッスンを体験してしまえば、多くの方がその良さを簡単に実感してくださるのですが、

体験に行くのもなあ、、、と二の足を踏んでいる方へ、(私もそうでした!)

少しずつ良さをお伝えできればと思います。


まずは一番良く聞かれる「体型の変化」。


ベリーダンスをやっていると、見た目がしなやかな女性らしい身体になる。

これは、ずばり、正解です!


筋肉質でなく、女性の柔らかい感じは損なわず、全体的に丸みを帯びたままウェストがくびれ、お腹に2本の縦のラインが入っていく。。。私の生徒さんたちのそういった変化を見てきて、いつも惚れ惚れしています。もともとぽっちゃりしている方こそ、ベリーダンスをやると、本当にキュッとウエストの締まったメリハリが出て美しい体のラインを作れます。

もちろんこれは個人の好みではありますが、ベリーダンスは見た目に筋肉がつきすぎたり痩せすぎていない、力の抜けた柔らかさを求めるダンスなので、そういう身体を目指す方にこそやってほしいと思います。

残念ながら私は昔バレエをやっていたこともあり痩せ体質。なかなかつけたいお肉がつかないのですが、それでも良い部分は出産後の緩んだお腹にも2本の縦ラインが自然とキープされていたことと、あれだけ踊ってもマッチョになりすぎないのが地味に自分の中ですごいと感じています。


なぜなら、ベリーダンスの動きは外側ではなく、インナーマッスルを鍛える動きだからです。

外側の柔らかさは残したまま、中の筋肉がものすごく強くなります!


そして特筆すべきは、インナーマッスルの中でも「骨盤底筋」までも鍛えられること。これは出産後や年齢とともにに衰えやすい筋肉ですよね。そして鍛えにくく、鍛えられているのか実感もしにくい部分。ベリーダンスの動きでは自然とこの部分を使います。音楽に合わせ、楽しく自然に鍛えられ、骨盤のバランスも整うという、、、良いことばかりです。産後ケアとしてもおすすめです。


上半身の話をしていませんね。

もちろん上半身もベリーダンスの基本の姿勢を意識(肩甲骨を下げ、胸を開く)することで、姿勢が良くなり、デコルテを綺麗に見せられるようになります。上半身の肩や胸を動かす動きは、肩こり解消と血流が良くなるので日常にも是非取り入れていただきたいです。


体幹。

綺麗に踊ったり、動きを正確にやるためにはしっかりした体幹が必須なので、

これもレッスンを通して楽しく鍛えていきます。



私の場合、はじめは慣れない動きに挑戦することで、もどかしく、また鏡に映るぎこちない自分に笑ってしまうことばかりでしたが、続けて本当に良かったなと思うほど自分の中での見た目、身体の調子、バランスがプラスに変化しました。

ただ、ちゃんと姿勢や動きを注意して指導してもらわないと、そういった効果があまりみられないことも実感しています。


しっかり動きを学んで、是非「体型の変化、ボディメイク」も楽しんでほしいです♪














 

©2019 by Yuko Bellydance School。Wix.com で作成されました。